選ばれる理由

擬似エンボス PSEUDO EMBOSSED

一度の印刷で後加工を施したような仕上がり

擬似エンボスとは、UV印刷の速乾性を利用して、ニスで凹凸感を表現した印刷のこと。後から別加工を行うのではなく一度の印刷で表現できるため、一風変わった表現の印刷物を優れたコストパフォーマンスと短納期で実現できます。

後加工で凹凸を加えたかのような印刷「擬似エンボス」。通常のカラー印刷と同時にニスを印刷することで、一風変わったインパクトあるデザイン表現が可能となります。
PP加工のように印刷後の製品に後加工をする必要のない擬似エンボスは、圧倒的なコストパフォーマンスと短納期を実現し、差別化を望まれる多くのお客様に選ばれています。PP加工よりもデザイン性が高く、カラー印刷だけの場合よりも耐久性に優れ、金箔加工やシルク印刷よりもコストパフォーマンスの良い製品です。周年誌、記念誌、会社案内、製品カタログ、クリアファイル、招待状などの製品で使われています。


圧倒的なコストパフォーマンスと短納期を実現

通常、冊子の表紙に一味加えようとすると、その加工のために印刷後に加工処理を行い、製本・折り加工などを施す必要があります。しかし擬似エンボスは後加工ではなく、UV印刷の速乾性を利用して一度の印刷で表現をするため、無駄な製品移動もなく高いコストパフォーマンスと短納期を実現します。

優れたデザイン性

「ニスを印刷する」という技術を使っているため、通常のカラー印刷と同じように自由に絵柄を表現することができます。ツヤの部分とザラザラしたマット調の部分とを使いわけ、より製品や企業のイメージに沿ったデザインを施すことが可能です。

永年の研究における安定感と安心感

擬似エンボスはUV印刷機を所有していればどこの印刷会社でもやれるという印刷ではありません。当社では永年の研究の末、紙への擬似エンボスだけでなくクリアファイルといったPP素材にも擬似エンボスを施すことができるようになりました。
他社ではキレイに表現ができなった案件を相談され、顧客満足を得た実績も多数ございます。

こんな製品に使われています

クリアファイル、周年誌、製品カタログ、会社案内など、他社と少しだけ差別化を計りたいというお客様の想いを受けて、利用される事の多い製品です。


ご質問やお見積りはお気軽にお問い合わせください

0563-56-5111